大阪でトイレのポールタップからの水漏れ修繕

トイレのタンクの中から水の雫が落ちている音が消える場合、タンクの中で水漏れが発生している可能性があります。タンクの中を開けてみると、ポールタップと呼ばれる部品から水が漏れている場合が多いです。ポールタップというのは、タンク内の水の量を浮玉ではかり、所定の位置まで水が溜まったら止める役割があります。通常、タンク内の水が所定の位置まで溜まると、浮玉が浮き上がってアームをしめ、水が止まるようになっています。

ところが、ポールタップに使われているパッキンが劣化していると、浮玉がアームをしめても水が漏れてしまうのです。このような場合の水漏れ修繕は、パッキンのみを交換するか、ポールタップごと交換するかのどちらかになります。ポールタップの水漏れ修繕は自分で行うこともできますが、やや難易度は高いです。ポールタップが手の届きにくいところにあることや、給水管との位置が少しでもずれてしまうと逆のもっと水漏れが悪化してしまうこともありますので、慎重な作業が求められます。

自分で修繕するのが難しいと思われた場合には、迷わず大阪の専門の修理会社に来てもらうことをおすすめします。大阪には多数の水漏れ修繕会社があるので、その中から評判が良く、価格も良心的なところを一つ選んで連絡を入れると、すぐに駆け付けてくれることでしょう。込み合ってすぐに来ることができない場合もありますが、タンク内の水漏れはそのまま放置しても急激に悪化することはないので大丈夫です。すぐに修理をして欲しい場合は、大阪の別の会社に来てもらうと良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です